数年前に空前のブームとなったバナナダイエット。

バナナを食べるだけで痩せるなんでこんな楽なことはないと思い、当時すぐに挑戦してみました。

バナナダイエットとは置き換えダイエットというもので、食事の代わりにバナナを食べるというものです。

もともと、朝はバナナ1本という生活をしていましたから、昼も夜もバナナを食べたらいいんじゃないかと考えました。

あまり水分を取らないタイプだったのでバナナだけ食べていましたが、水分も一緒に摂取するのが正しいやり方のようです。

お腹が空くので夜はつい2本、3本と食べてしまっていました。

水分量が少ないせいか、朝のお通じもさっぱりです。
それでも半月くらいは続けましたが、体重は減るところか増えてきてしまい断念しました。

あまりにも人気になり、バナナが品切れを起こしてしまったことも原因です。

元々バナナというのはかなり栄養化の高い食品です。

それを一日に5本近く食べるわけですから太らないわけがありません。

ダイエットは正しいルールでやらなければ意味がないなあと痛感しました。

ダイエットにお茶がいいというのは、お茶を飲んだから痩せるというのではちょっと違うと考えています。

お茶というのは脂肪燃焼をサポートしてくれたり、腸の働きを活発にしてくれます。
その中でも「ダイエット茶」と言われるものもそういった働きをしてくれるものです。

「ダイエット茶」として代表的なものが中国茶ではないでしょうか。

プーアル茶や黒ウーロン茶など、焙煎の強いものがダイエット茶と言われているようです。

杜仲茶というもの昔からダイエットによいと言われてきました。

杜仲茶に含まれる成分、ゲニポシド酸が脂肪吸収をゆるやかにしてくれると言われています。

また、原料となる杜仲にはコレステロールの吸収をゆるやかにする働きがあり、ダイエットだけでになく健康に良いと評判です。

ほかにも、杜仲茶にはカルシウム・亜鉛・カリウム・ミネラル・ビタミンなど、健康に良い成分がバランスよく含まれているのです。

利尿作用もありますので、むくみ・便秘対策としても効果があり、それがダイエットに繋がるのではないかと思います。

ただ、飲めば痩せるのではなく、脂肪・糖分の吸収をゆるやかにし、脂肪の分解をサポートするものとして考えたほうがよいと思います。

メタボメ茶はダイエットによいと言われているお茶のブレンドティーです。

黒豆、ダイエットプーアル茶、杜仲茶やウーロン茶などがブレンドされたダイエット茶です。

これだけブレンドされていれば効果がありそうですよね。
メタボメ茶は冷茶でも暖かくしても美味しく飲むとができますが、漢方臭くて飲みづらいという人も多いようです。

お茶というのは飲んだから痩せるというものではなく、食事と一緒に獲ることで脂肪燃焼をサポートしてくれるのです。
お茶でダ劇的に痩せるなんてことは在りえません。

長く飲み続けている間に効果が現れてくるものではないかと思われます。

メタボメ茶で痩せたと言っている人は、さらに体を動かしたりすることで効果が大きくなるのではないでしょうか。

お茶だけで痩せるなんで美味しい話をありません。

長くと続けることがダイエット効果を上げる第一歩ではないかと思います。

どんなダイエット茶にも言えますが、運動、食生活の見直し、そしてダイエット茶を飲むということが必要ではないでしょうか。

メタボメ茶 お試し